国立大学法人 千葉大学教育学部 附属小学校


◇設置
 本学級は、千葉大学教育学部附属小学校の中の帰国児童学級です。

◇帰国児童教育の目的
 本校の帰国児童教育は、海外から帰国した児童のうち、その在外生活経験と、日本における初等教育の状況が著しく相違する児童に対し、日本の環境に適応させるための指導、ならびにその研究を行うことを目的とします。
①日本語の習得
②日本の生活習慣への適応
③学習諸能力の向上
④海外で身につけた好ましい考え方や生活態度等の保持・育成

◇帰国児童学級の教育方針
 本校の帰国児童学級では、次のような方針で指導を行います。 
  1. 児童の海外における教育歴や生活環境、学習進度と能力等に配慮し、少人数学級で、児童の実情に応じた指導を行います。
  2. 言語・生活習慣等の面で、日本の小学校生活に適応させるため、帰国児童学級における指導とともに、一般学級児童との交流も図ります。そのため、一定期間一般学級の児童と生活をともにする活動もさせています。
  3. 児童の海外における経験を生かし、国際理解を促進し、国際性を助長するように留意します。